医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会

医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会
医学生支援協会とは 医学生教育支援 臨床研修病院紹介 奨学金制度
HOME臨床研修病院紹介 > 市立三次中央病院
学生会員登録
 
医学支援協会とは
医学教育支援
奨学金制度
臨床研修病院紹介
 
医学生へのメッセージ
村野先生の研修ワンポイントアドバイス
病院紹介
医師臨床研修マッチングスケジュール
アクセス・MAP
 
 
病院紹介
 
市立三次中央病院
 

<医学生へのメッセージ>
                         臨床研修指導責任者  副院長 永澤 昌
  当院は、「田舎の大きな野戦病院(病床数350、医師数60名)」です。外来患者数(1日約900人)、病床稼働率(97%)、救急患者数(1日平均55名)、手術件数(月250件)のいずれも多い(高い)、超・急性期病院です。広島県北における地域の中核病院としてのみならず,島根県南地域,岡山県北地域の救急医療・2−2.5次医療の中心として機能しています。平成18年には、地域がん診療連携拠点病院に指定されました。
  臨床研修の理念は、「広島および周辺の地域医療に貢献するための医師養成」を研修の目的とします。プライマリケアを経験するのみならず,地域医療を実践できる医師を2年間かけて育てあげるためのプログラムとしています。そのために,研修科ごとに指導医をマンツーマンで設定し、細やかな指導を行えるように、定員を少なく1学年4名に絞っています。研修の経過中、月1回のヒヤリングで研修の内容を綿密に振り返り、その後の研修内容にフィードバックさせることとしています。
  広島市内から、車で約1時間(70Km)東北に位置し、適当に落ち着いた環境で初期研修を行いたい方には、うってつけの研修場所です。

 
 
 
 
 
医学生支援協会医学部奨学金)|医学生支援協会とは医学生教育支援臨床研修病院紹介奨学金制度
セルフチェック問題集医師国家試験情報医学生無料相談学生会員登録問い合わせ・アクセスマップ
 
医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会
 
Copyright (C) MSA All Rights Reserved.